02.10.2019 Sun

vibing

OPEN 20:00 - 5:00

ENTRANCE FEE 1,000 yen / 1Drink

メインイメージ

DaBook

R&B/HIP HOP/Future Beatsなどを軸に、彼がプレイするサウンドの幅は広い。 しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。 それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし、2015年には世界最大のダンスミュージックの祭典ULTRA MUSIC FESTIVALの日本版、ULTRA JAPAN2015にも出場。 またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーや、大手ブランドのLOOKモデルなどでも活躍。 instagram https://www.instagram.com/da_book/ soundcloud https://soundcloud.com/djdabook audiomack https://audiomack.com/artist/dabook

K27T

プロフィール 来日した多くのヒップホップアーティストの巨匠達が彼のDJを絶賛。物心ついたころから両親の影響で多くのアメリカ映画に触れ、8歳でバイナルレコードと出会う。disk unionをで経験を積み、若干26歳にしてManhattan Recordsのストアーマネージャーに就任。 のちにMAGICSTICK PRESSを経て現在はCLBUNというアパレルブランドを立ち上げ現在に至る。 音楽はもちろん、ファッションシーンからも大きなプロップスを得ている。 www.clbun.com

DJ KEIKO

2014年からDJ活動をスタート。NY発のクラブ1OAK TOKYOや、HARLEMなど平日週末問わず東京を拠点に活動している。2018年10月8日に開催されたREDBULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 64 BARS LIVEに唯一のDJとして出演する他、ファッションブランドのレセプションパーティーなど様々なシーンで活躍中。Hip hop,R&B, Bass musicを軸に女性らしいグルーブ感とジャンルに捕らわれない選曲でフロアを揺らしている。

NINA

地元岐阜県の飛騨高山で15歳からキャリアをスタートさせ上京後東京を中心に活動している。 2015年8月にはLui Huaと日本の若手Rapperの音源を集めたFree MixTape”The Cakewalk Tape Vol.1”を発表。 Ollie magazine2018年5月号で4ページに渡り特集され注目を集めた次世代のルーキーを中心に開催される”Loud City”の主催側に立ちながら、Kojoe主催のイベント"bla9 marke2"でレギュラーDJを務めるなど、今注目のDJだ。

Copyright © 2019 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.